障害年金の受給は国民の権利です

BSP社労士事務所です


障害年金の受給は国民の権利です。

社会生活や日常生活で抱える問題を解消する手段として、 必要とする人が正当に受け取れる必要があります。

自らが障害年金を請求した時に、その難解さ不透明さを感じ、 多くの人が高いハードルを越えられるようお手伝いしていきたいと思いました。

icon_3g_24 障害年金が請求されない理由の1つに、

「制度を知らない」と同程度に「なんとなく(不労所得は)気が引ける」「病気を治す、障害を克服する強い意志があるので、受給したくない」と思われる方が多いのではないかと自身の経験から想像しています。

しかし、考えてみてください。これが民間の生命保険の保険金であれば遠慮しないですよね。国の制度であり、そのために税金を納付し保険料を払っています。 にも関わらず、障害年金には

pict06_02 請求しないと支給されない。

pict06_07 手続きが複雑かつ難解で独特の専門用語。

pict06_06 認定基準が曖昧かつ不透明。 という制度の弱点があります。

これが「知らない」「気が引ける」と並ぶ障害年金制度の問題点です。 しかしこの問題に関しては、申請を代理することが国に認められた社会保険労務士がいます。 まずはご相談ください。

最新記事

  • 請求書 申請書

    傷病が治ったかどうか 診断書では「傷病が治ったかどうか」と記入欄があります。このことは「障害認定日」と「障害厚生年金3級か障害手当金か」に関わります。認定基準では「「傷病が治った場合」とは、器質的欠損若しくは変形又は機能 …

    症状固定

  • 治療方法

    糖尿病厚生労働省のホームページには「糖尿病ホームページへようこそ」(ネーミングセンスは疑いますが・・)という広報があります。それによると 「糖尿病が強く疑われる人」の890万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」の1,3 …

    糖尿病

  • 外部疾患

    外部疾患の障害の認定基準 には検査値や障害の状態で客観的に等級が決まる場合があります。「著しい」、「相当程度」などの表現があるものを除くと国民年金法施行令、厚生年金保険法施行令とほぼ一致しています。 ・検査値で決まるのが …

    外部疾患の障害等級

  • 診断書作成医

    精神の障害の認定基準精神の障害による障害年金受給者は全体の約1/3にものぼります。平成16年の「うつ対策方針マニュアル」によれば、うつ病の生涯有病率は7.5%で15人に1人が経験するという統計があります。ところが、医学が …

    精神疾患の障害等級

  • icon_3g_192

    よく年金の繰上げ支給をしたら損か得か?という報道を見かけますが、総支払額に対する総受取額の比較以外に大切なことを2つ憶えておいてください。 老齢基礎年金の繰上げ請求をすると、年金の法律上では65歳になったとみなされます。 …

    年金の繰上げ支給

  • icon_5p_192

    障害年金等級 と 障害者手帳等級 の違い 身体障害者手帳の取得は、医療機関が主導で勧められることが多いようですがその際に障害年金の申請まで同時にアドバイスして下さる例はまだまだ少ないようです。 また、身体障害者手帳の等級 …

    障害年金と障害者手帳

  • 業務内容

    精神の障害に係る等級判定ガイドラインの実施について報道発表があり、平成28年9月1日より実施されることが決まりました。●策定の経緯については、これまでお伝えした通り「等級判定の地域差」の問題から、「解消策としてのガイドラ …

    等級判定ガイドライン

  • 障害年金制度の説明文

    脳血管障害の後遺症頭部外傷、脳血管障害、感染症、脳腫瘍などで肢体の障害・言語障害・認知障害が機能障害として残った場合、認知障害に関する認定基準、診断書の適用は「高次脳機能障害」の記事でご紹介しました。特徴は複数の障害が残 …

    脳血管障害後遺症

  • icon_4b_192

    指定難病 第3次実施分の検討開始平成28年5月16日に開催された指定難病検討委員会で、医療費が助成される指定難病の第3次選定の候補222疾患が明らかにされました。第1次実施分110疾病、 第2次実施分196疾病 と合わせ …

    指定難病第3次検討